ヒザイミズキの、日々の旅 ブログ編

俳優、ヒザイミズキの思いつきと思いなおしなど。あと告知と親バカ。(はてなダイアリーから引っ越しました)

始まったものは、いつか終わる。2016年。

さて。今年も暮れていきますね。ヒザイが5年半所属した劇団「時間堂」が、あと数時間でなくなります。


昨日は時間堂大忘年会兼さよならパーティーから帰って今朝は8時起き(それでも有難い。寝かせてくれてありがとう)、公演中に駅の駐輪場に置きっぱなしにしちゃった自転車取りに行ったら900円もかかって悲しかったり、家族で商店街に繰り出したんまり食材を買いこんだり、料理(おせちではない)をしたり。
なんだか、急いで何かを取り戻そうとしてる、みたい。

意地でも大晦日には振り返りブログを書きたいので頑張ります。

2016年は1月から時間堂レパートリーシアターが始動し1月『言祝ぎ』、2月『人の気も知らないで』、3月『巨大なウェディング・ケーキ』、4月また『人の気も知らないで』と立て続けに出演し、
7月には満を持しての東京芸術劇場で『ゾーヤ・ペーリツのアパート』、主演しました。この作品で雑誌「えんぶ」の特集に載ったり、小田島雄志翻訳戯曲賞を秋月さんが受賞したり、嬉しいことがありました
8月のイベントで時間堂解散発表、10月に最後のレパートリーシアター『言祝ぎ』、12月に最終公演『ローザ』。で、おしまい。7本+イベント2回。


去年の振り返りブログ読んだら(ほぼ完璧に忘れてる)、「俳優業に復帰できて本当に良かった」的なこと書いてて、「ああ、こんなにいっぱい芝居するつもりじゃなかったなぁ」と思い出した。
でも解散決まっちゃったから。できる限り出たかった。出られて良かった。時間堂の最後の舞台に立てて、本当に辞めなくて良かったと思った。

たくさんの人にたくさん愛されるチームに、いられて良かった。
そしてその皆さんに、作品を通して祝福され、祝福を渡すことができて良かった。


来年は、いったい何があるんだろう。
まっっったくの、白紙です。
予定が無くて怖かったけど、もう一回転して楽しみです。

また、あなたと、どこかで会って何かをわかちあうことができますように。
世界の戦争が終わりますように。
すべての子どもたちが暖かい夢を見られますように。

昨日の『ローザ』千秋楽のマチソワ間(2回公演の間)にゴハンを買いに行ったときの写真。青空と歌舞伎メイクの私。

千秋楽後の皆様と。

いつの写真かわかんない。ぐーーー。