ヒザイミズキの、日々の旅 ブログ編

俳優、ヒザイミズキの思いつきと思いなおしなど。あと告知と親バカ。(はてなダイアリーから引っ越しました)

「好みの問題」で片付けないために

きょうはいつぶりかもうわからないくらい久しぶりのお休みです。
やるべきことがいくつかあるので、その作業をしてからですが、私が最近したいことといえば、
・朝寝坊 ←もう済ませた
・小奇麗な格好をすること
・洋服を買うこと
・温泉に行くこと ←当分無理
です。
でも昨日コタツ出したからなー。家から出ないかもなー。それもまた良し。


ところで。
公演中に、芝居について書くのは、大概ためらわれるものだけど、なんか「○○日まで!がんばってます!」とだけ書いていては3週間という期間は埋まらない気がするので。
賛否両論、というのはまあ当たり前なんですが、特に「4階」が賛否わかれている感があります。面白いと言う人はとても面白く、つまらないというひとはとてもつまらない。それが同じ回でも極端に分かれているので、出来不出来という問題ではないようです。
逆に「2階」は、これはお客様から直接聞いたのですが、「観かた(楽しみ方)がわかりやすく、楽しめる」みたいです。
「3階」は、私は一番観やすいと思うんだけど、雰囲気メインなので好きな人とそうでもない(乗れない)人がいるようです。

なんで↑こんなこと書いてるかというと、、、
例えばね、「つまらなかった」という人がいるじゃないですか、その時に、「やってる側の人間」が「今回は最高でした!わからない客が馬鹿なんです!」みたいな時、ほんと嫌な気持ちになる。わたしのツマラナイは、どこに着地するの?という憤りというか。
やる側の人間としてのあたしは、ツマラナイはツマラナイで、受け止めているし、もちろん自分は面白いと思ってやってるんだけど、うーんどうしたらいいものか、と考えたりする。

でもできれば、「何が、どう、お気に召さなかったのか」言ってくれた方が、今後の役には立つなあ・・・・・・・・。正直な話。

結局今は、できることをやるんですけどね。