ヒザイミズキの、日々の旅 ブログ編

俳優、ヒザイミズキの思いつきと思いなおしなど。あと告知と親バカ。(はてなダイアリーから引っ越しました)

大人になったのがいつなのかって言うような話だけどさ

クレヨン王国七つの森 (講談社青い鳥文庫)

クレヨン王国七つの森 (講談社青い鳥文庫)

小さい頃大好きだった児童文学のシリーズの一つに「クレヨン王国」シリーズがあるのだが、先日友人とその話になって、思い出したことがある
「私は、たぶん中学1年生くらいまで、自分はクレヨン王国に行けるはずだと思っていた(本気で)

もう大人なのでたぶん行けない

しかし。
考えてみると、クレヨン王国に行く子供はなにかしら小さな壁に当たったりしていて、冒険をしているうちにその小さな壁がばからしく思えたりちょっとだけ違う考え方ができたり嫌だった人や物を評価できるようになったりするのだが、つまり私自身そういう「イマイチ吹っ切れない子供」であって、それが今、ちゃんと小さな壁たちを乗り越えたり嫌いだった人や物を評価できたりしてる
つまり、いつのまにか私はクレヨン王国に行って帰ってきてて、その記憶がすっかり消されてしまっただけじゃないのか?ってことに気づいたのだ(本気で)!


…別にいいけど。