ヒザイミズキの、日々の旅 ブログ編

俳優、ヒザイミズキの思いつきと思いなおしなど。あと告知と親バカ。(はてなダイアリーから引っ越しました)

日常に掠る

今日だけ、仕事に行きました 今月で辞める方の仕事です 最後最後って何回も言っててたぶん、飽きられてると思います 今日は手続きだけに職場(門前仲町)に行って本社(小伝馬町)行って帰るつもりが、本社の担当者の都合により手続きは5月にしてくれと言われたため普通にバリバリ仕事して終わったら飲んできた 飲んでばっかり
すげえ久しぶりに仕事したわけだし、その休んでいた間私は地下の劇場で閉鎖的人間を演じ続けていたり、初めての派遣に登録して就活気分を味わったりしていたため、毎日あたりまえだった通勤ラッシュとかあいさつとか世間話とか愛想笑いとか論理的思考とかデータを元にした議論とか日常のテンポとか、思い出すのに一苦労だけど、思い出したところでこの日常はもう二度とやってこない類の日常なのだった 3年という長い期間を思うと、1日というほんの一瞬、かつての日常に掠った
あほもたくさん居たけれど、ほんと良い仲間やパートさんたちと一緒にできて良かったもんだ 次の仕事でまた同じように周りの人々とうまくやっていけるかどうかとても気がかりだ

■■■
芝居の関連でたくさんのかきこみを頂いている なんというありがたいことだ
レスを兼ねて、芝居の話でもしてみよう

ミズグチさん>
声かけてくれてありがとうございます 知らない人に声かけられるとうろたえてしまうのですが、ちゃんとうれしいです 挙動不審でごめんなさい(ああ他の方々も)
私は実際、本質的に、ああいう(野口って役名なんですよ出てこないけど)人間で、でもあそこまでじゃない 「野口みたいな生き方憧れる」っていう人もいますが、私は「それで生きてくのはほんとに大変だ てゆうか無理」って思ってて、なぜなら自分がそうだから 自分は結局、三島の台詞じゃないけど、愛想笑いをしたりする 自分のために したくないけど そうするしかないから そうしている自分が大嫌いになる
だから、野口的生き方は正直お勧めできません!しないだろうけど
でも確かに、他人の顔色ばかり伺う必要はないし、それに対するアンチテーゼとして清清しい気分になっていただけたなら幸いです
野辺さん>きゃーお久しぶりです ってゆうか私のこと覚えてました?案内は出してなんぼ 万が一来てくれるかもしれないと期待してこれからはDM出します! 金子さんに連絡先聞きます!いいですか?
ねころばさん>打ち上げ、ちゃんとお話しなくてごめんなさい(こんなことばっか言ってる) 恥ずかしいんです 高松さんに「シャイなあんちくしょう」っていわれたくらいです 国立、観にいくつもりです 「くにたち」って読んじゃった

あ!書き忘れた
「夏:むりくり笑え」で私がしていた眼帯ですが、私の知る限り、とくに意味はないと思います!いろんな人に聞かれて、むしろ私が聞きたいくらいだったのですが、演出の太田さんも「ひざっちに眼帯させたかった」の1点張りです 似合ってたらしいです おかげで私は視界が狭くて苦労しました まあ舞台で眼帯する機会もそうそう無いだろうから一度くらいはがまんするか…