ヒザイミズキの、日々の旅 ブログ編

俳優、ヒザイミズキの思いつきと思いなおしなど。あと告知と親バカ。(はてなダイアリーから引っ越しました)

脱腸日記その3 入院生活本番編

その1、その2はこちらから。↓

 

zaikichi.hatenablog.com

zaikichi.hatenablog.com

 

11/3、祝日。
夜通し痛みと戦ったのち、朝、痛み止めを口から飲んでひとごこち。身体を拭いてもらい、手術着からパジャマに着替えると嗚呼、なんて生きた心地がするんだなんか、大事。そういうの。
緊急入院だったため、全く入院生活の説明を受けておらず、ここで初めて書類を熟読。中野とは聞いていたが、地図を見ると思い出深「中野光座」跡地のすぐ裏だった。いいことも悪いことも、色々記憶が甦る。
朝、息子とテレビ電話。ママはお腹が痛いのよ、と言うと、「痛いの痛いの遠くのお山に飛んでけ~」。自分もママがいなくて寂しいだろうに。
昼、初の食事。最初は粥だろうと思ったら、ご飯おかずにバナナというフルコースでびびる。持ち前の食い意地を発揮して完食。午後には点滴取れる。

夕方、母が息子をつれて面会に来てくれた。「お子さんは面会のとき必ずマスク着用」と言われ、子供用のマスクを手配しておいたのに、病室の外で「いやーだー、ましゅく、だいしゅきじゃないの!」と抵抗する声。仕方ないので談話室へ。会えて嬉しい。けれど、ふいに手術の傷口に息子の手が軽く当たり、いてててー!!、となる。身の危険を感じ、それから手はずっと握っていた。明日退院して大丈夫だろうか。
夜、少しでも身体を慣らすために上の階へ。物干し用の屋上があって、ドアを開けると外に出られた。思いがけず、生ぬるい夜風と中野の夜景を味わう。
手術前はぜんぜんイメージできておらず、「(手術の)翌日とかに退院できるんですか?」とか聞いたら「いや、翌日は無理じゃないですか、手術なんで。まあ無理やり帰る人もいますけど」と言われた。実際になってみると、帰るなんてとんでもない。今が入院生活本番というところ。
稽古場から近い病院に運ばれたので、家までは1時間くらいかかりそう。電車やバスを乗り継ぐか、タクシーか本気で悩む。
 
(まだ続く、、かな?)

写真は初めての食事。この時が一番おいしかったな。そういうもんか。

脱腸日記その2 手術編

前編はこちら。↓ 

zaikichi.hatenablog.com

 

 11/2

救急から病棟に移ったのが2時ごろ?で、ほとんど寝られなかったが6時には起こされる病院の非情。前日からあまり寝てなかった母は明け方帰宅。ケンカしちゃうことも多いけど、こういう時頼れるのは母。恩をどう返していいのやら。

夜中のうちに、夫(朝起きるまでは決して電話に気づかない人種)が起きたら見るようにLINEで報告。心配しているだろう座組の方々にも現状をメールで報告。8時過ぎたら家と会社(上司と総務)に電話。それができるくらい余裕があった。このときは、まだ

その後「3日は祝日だから4日だろう」と聞いていたのが急に「4日がいっぱいで、今日ならできるかも!」と言われて当日手術することに。早く帰宅したいから嬉しい反面、急に焦ってしまう。ヘルニアは戻ったが、穴が空いたままではまたちょっとしたはずみに腸が出ちゃうので、メッシュ素材でふさぐとのこと。全身麻酔での腹腔鏡手術。外科医(イケメン)はイケメンだけど説明がほとんどなく「これ読んでサインしといてねー」で終わり。私にとっては初めての手術でも、医者にとってありふれた手術なんてそんなものなんだろう。手術と麻酔と輸血とその他諸々の確認書にサイン。
午前中、夫が必要なものを用意してきてくれる。

昼頃、すかすかの手術着(すぐはだけてオッパイ見える)と大人用紙オムツ、膝下の白いストッキングに着替えて指輪やコンタクトを外す。植本一子さんが撮影した手術前のECDさんの写真と同じカッコだなーと思いながら、歩いて手術室へ。思ったよりもごちゃごちゃした部屋。手術が終わった直後の人が、切り取られた内臓と一緒に運ばれてくる様に私がびびっていると、看護師が慌ててカーテンで仕切った。アレの次は私の番か。

温風で妙に温かい手術台に乗せられる。ゼリーみたいな枕に脚のマッサージ(血が流れるように圧迫するやつ)。ものすごい安心感を与える麻酔医の笑顔。

自分が人間じゃなくて実験動物になったような心地悪さと、逆に至れり尽くせりのVIPになったような気持ちよさ。そして全身麻酔のビリビリした刺激と、一瞬のもしこのまま帰って来れなかったら」感。すぐに意識はなくなった。
手術後は、とにかく痛い。痛み止をもらえたりもらえなかったり(看護師さんによって違う)。痛いのに、三時間経ったら歩けと言われる(このあたりも出産みたいだ)。結果の説明がなくてまた不安になる。そう伝えたら、忙しそうに写真を見せてくれた。ピンク色の腸に、排水溝ネットみたいなのがついていた。すごい違和感だけど、私はこれからの人生、この排水溝ネットをお腹の中に入れたまま生きていくのだ。
夜、少しだけ息子とLINEでテレビ電話。嗚呼、君の声を聞くときが一番幸せ。
傷口のほかに、姿勢による腰痛や頭痛がひどくて夜通しつらくて寝られない。今朝の余裕はみじんもなくなってしまった。

 

また続く。か。

 


写真は、これから手術、という時の景気の悪いツラ。訳あって、少し泣いたあと。

 

 

否が応でも、自分と家族の、今とこれからの人生を考えてしまう。

ナーバスな時に考えない方がいいのに。

脱腸日記その1 発見編

鼠径ヘルニアで緊急入院した私が病院でスマホにちくちくと書いていた日記帳のメモ。

11/1。
朝から仕事、昼から夜まで「行こう!野ウサギ」稽古。夕飯休憩後しばらくして腹痛。「いつものヤツやな」と思い、まるまったり温めたりしながらトイレや稽古場で二時間以上粘ったが、吐き気もあって手足も痺れ、どうもいつもと違う。皆に救急車呼ぶかタクシー呼ぶかといわれても「いやいやいや」と拒否していたが、どうにもこうにも帰れそうにないし仮に帰っても治る気がしないため、初めて救急車で運ばれて、そのまま入院。冴子が実母に電話をかけたり付き添ってくれたり。
痛みに悶えながら種々検査。その間に食べた夕飯(カレー)全部吐く。終わって救急の神経内科の先生が「腸がむくんどる。腸炎だろう」という。が、CT画像を見ていた若手の内科医が、そばにいた外科医(イケメン)に「一緒に見てもらえませんか」というと、アッサリ「あるじゃん」という感じで鼠径部に飛び出たピンポン玉大の瘤みつかる。
にわかにざわつく医師看護師たち。「コレいつから有りました?」と言われても、いやいや、こんなの有りませんでした!とあわわの私。気づかないレベルの大きさじゃない。瘤を見ても内科医は、「腹痛とは関係無いでしょう、皮膚科かなぁ?」なんて言ってたが、外科医(イケメン)が「いやこれ連続してない?(ヘルニアじゃないか)」と言って再検査、鼠径ヘルニアの嵌頓(筋膜から腸の一部が飛び出て戻らなくなる、いわゆる脱腸)見つかる。
出てしまった小腸を戻すべく、何度も何度もグイグイちょっと休憩して(その間も痛い)またグイグイ。痛くて痛くて息もできないのに「それじゃ戻らないから力抜け、深呼吸しろ」と言われる、いつ終わるとも知れない拷問、まさに出産の如し
あと10分やって戻らなかったら危険もあるので緊急手術、と言われて数分後、ポコ!っと戻る。その数分後、やっと息をついて寝転がれるように。
もしもっと時間が経って飛び出た腸が壊死してたら、命にかかわる状態だったそう。救急車呼んで本当に良かった。あとイケメン外科医が画像見て気づいてくれて良かった)。自分の人生が突然終わるかもしれなかった初めての体験。

つづく。

写真はベッドからみた病室の窓。

【ご報告】入院しました。

11/1の夜、稽古場で腹痛がひどくなり救急車を呼んでもらい、そのまま入院しました。
鼠径ヘルニアの嵌頓(腸の一部が飛び出て戻らなくなる)で、なんとか整復し昨日無事に手術を終えました。
現在は痛くてつらいけど、なんとか食べたり歩いたりできます。近日中に退院できそうです。方々にご迷惑おかけしてます。

 

女38歳、今まであまり危ない目にあってなかったのですが、現在、そして今後の生き方を考えさせられました。どうやって生きていこう、これから。


f:id:zaikichi:20171103184302j:image

術後の俺。

【告知】日本×フィンランド演劇プロジェクト『行こう!野うさぎ』【2017/12/2-】

モイモイ!なんと、今年2本目の舞台は「フィンランド独立100 周年記念事業」!国際的~~ …やっとの告知でございます。

 

f:id:zaikichi:20171009015559j:plain

いったことないんですが、フィンランド。サンタさんとムーミンマリメッコとサウナの国、フィンランド。(ここだけの話ですが、10月中に前売り券を購入すると、フィンランド的な何かプレゼントがもらえるらしいですよ!なんだろう欲しい)

共同演出の元・時間堂堂主 黒澤世莉とも、1年ぶりの現場でございます。いやー演劇、いいですよね!へんてこな人(や動物)たちがてんこ盛りに登場する、なかなかぶっとんだ台本でやりがいたっぷりです。飯能と早稲田で公演するらしいです。なんで飯能??そんな疑問にもお答えします。

詳細はテキストと

『行こう!野ウサギ』 - 日本×フィンランド演劇プロジェクト

でご確認くださいね❤

 

フィンランド独立100 周年記念事業
日本×フィンランド演劇プロジェクト

『行こう!野ウサギ』
japan Finland Theatre Project ”Jäniksen vuosi”

原作:アルト・パーシリンナ Arto Paasilinna(日本語版「行こう!野ウサギ」めるくまーる刊)
台本:クリスチャン・スメズ Kristian Smeds
翻訳:宇井久仁子 / 黒澤世莉
演出:ユハ・マケラ Juha Mäkelä / 黒澤世莉


[飯能]2017年12月2日(土)~12月3日(日)飯能市民会館 小ホール
[早稲田]12月20日(水)〜12月23 日(土)早稲田小劇場どらま館

f:id:zaikichi:20171009015641j:plain


●「日本xフィンランド演劇プロジェクト」とは
北欧を代表するフィンランド国立芸術劇場。そこの元芸術監督のユハ・マケラさんとの出会いは10年前、日本の小劇場演劇を観たいそうだから、とのことで紹介されました。それから柿喰う客やバナナ学園純情乙女組乞局など、エッジの効いたラインナップを紹介しました。やがてユハさんのワークショップを開催したり、などのお付き合いを通じて「共同制作をしよう」という流れになりました。

日本人とはよく似てると言われながらも、違うところもたくさんあるフィンランド人。演劇の共同制作を通じて、お互いの違いや共通点など、たくさん理解し合える場にできればと思います。

黒澤世莉
プロフィール:演出家。2016年までの時間堂の劇団活動を通じ、TGR札幌劇場祭作品賞、佐藤佐吉賞優秀作品賞、演出賞を受賞。スタニスラフスキーとサンフォードマイズナーを学び、演出家、脚本家、ファシリテーターとして活動。公共劇場との共同制作など外部演出・台本提供も多数。

●ユハさんからのメッセージ
仕事に追われ、ストレスだらけの日々-そんな生活から逃げたくなったことはありませんか?すべてから開放されて、自然の中で爽やかな風に身を任せたいと思ったことはありませんか?
「行こう!野ウサギ」は、ここからすべてが始まるのです。フィンランドが舞台ですが、日本でも世界のどこでも起こりうる物語です。中年男性ヴァタネンと野ウサギが出会い、フィンランドを縦断して北の果てラップランドまで旅する冒険ファンタジー-その旅の中で人生の喜びと苦悩が浮き彫りになっていきます。

ユハ・マケラ
プロフィール:元フィンランド国立劇術劇場所属。32年間の在籍中、俳優、演出としてシェイクスピアからブレヒト近松カフカまで、幅広く数多くの作品に関わる。

●「行こう!野ウサギ」とは
現代のフィンランド
仕事にも家族にもうんざりしている中年男が、郊外を運転中に野ウサギを轢きかける。男は車を降り、野ウサギを探しに出たまま姿を消してしまう。彼は怪我をした野ウサギを保護し、共に過ごすことで、少しずつ自分自身を取り戻していく。

という
20ヶ国語に翻訳、映画化もされたフィンランドのベストセラー小説を元に、クリスチャン・スメズが前衛的な遊び心を目一杯詰め込んで演劇化、こちらも大ヒット作となった。予想もつかない奇妙な笑いの連続と、それなのになぜか感動してしまうラストシーン。北欧から来た演劇の概念を覆す問題作、史上初のフィンランド語から日本語への直接翻訳にて、日本初演

●なんで飯能市で上演するの?
飯能市は、実はフィンランドと深いつながりがあるのです。フィンランドと言えば、ムーミンが有名です。飯能市は原作者トーベ・ヤンソン氏と7年の交流を経て、「トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園」を開園しました。「自分の力で生み出す冒険」が楽しめるテーマパークです。「たくさんの子どもたちがお互いを受け入れながら、 のびのび遊べる場所を作りたい」というコンセプトに、トーベ氏がとても共感され、関係が生まれたそうです。
日本フィンランド演劇プロジェクトは本公演の上演を通じ、いままで大切に育まれてきた飯能市フィンランドのあたたかい関係を、ちょっと深めるお手伝いができればと願っています。

 

出演:
尾崎冴子 Saeko Ozaki(M.M.P)
菊池美里 Misato Kikuchi(ECHOES)
木内コギト Cogito Kinouchi(\かむがふ/)
小谷真一 Shinichi Kotani(J.CLIP
ヒザイミズキ Mizuki Hizai
松本一歩 Kazuho Matsumoto(平泳ぎ本店)

大浅絹子 Kinuko Oasa
野元結水 Yumina Nomoto

●公演日程
2017年
[飯能]12月2日(土)~12月3日(日)飯能市民会館 小ホール
2日(土) 18:00
3日(日) 14:00

[早稲田]12月20日(水)〜12月23 日(土)早稲田小劇場どらま館
20日(水) 19:30
21日(木) 15:00/19:30
22日(金) 15:00/19:30
23日(土) 15:30

受付開始は開演の45分前、開場は30分前

●会場
[飯能]飯能市市民会館 小ホール
〒357-0063 埼玉県飯能市飯能226-2
西武池袋線飯能駅北口国際興業バス乗り場より「湯の沢・名栗車庫・名郷・上赤沢・中藤(青石橋)・中沢・西武飯能日高」行きのいずれかに乗車し「天覧山下」徒歩3分

[早稲田]早稲田小劇場どらま館
〒169-0071 東京都新宿区戸塚町1-101
東京メトロ東西線早稲田駅3b出口徒歩5分
公共交通機関をご利用ください

●チケット
10月15日(日)10:00発売

[飯能]指定席
前売・当日 2,500円
学生 1,000円(要証明)

[早稲田]自由席
前売・当日 3,000円
学生 1,000円(要証明)

*未就学児童のご観劇はご遠慮ください

先行販売特典
演劇パスにて10月31日までにご予約いただいた方に、スペシャルグッズをプレゼント!(お渡しはご観劇当日受付にて)

●取扱い
飯能市民会館窓口(飯能公演のみ・11月4日発売)
ネット予約・事前決済:演劇パス
[飯能] http://engeki.jp/pass/events/detail/309
[早稲田] http://engeki.jp/pass/events/detail/317
ネット予約・当日精算:カルテットオンライン
[飯能] https://www.quartet-online.net/ticket/jftp17hanno
[早稲田] https://www.quartet-online.net/ticket/jftp17waseda

●お問合せ
日本フィンランド演劇プロジェクト
080-4004-3841
nousagi@jftp.info
http://jftp.jnfo

●スタッフ
照明:小林愛子(Fantasista?ish.)
音響:ナガセナイフ(音ノ屋)
音楽:トゥオマス・ロウナカリ Tuomas Rounakari
衣裳:及川千春
宣伝美術・Web制作:小林タクシー
イラスト:兵藤真世
スチール写真:保坂萌
制作アドバイザー:佐伯風土・加藤仲葉
制作:関智

共催:飯能市
助成:スカンジナビア・ニッポン ササカワ財団/フィンランドセンター
後援:フィンランド大使館
協力(敬称略・順不同):M.M.P/ECHOES/\かむがふ//平泳ぎ本店/J.CLIP
製作:level19

 

 最後まで読んでくれて、キートス!