ヒザイミズキの、日々の旅 ブログ編

俳優、ヒザイミズキの思いつきと思いなおしなど。あと告知と親バカ。(はてなダイアリーから引っ越しました)

40歳になりました。

おかげさまで、またひとつ歳をとることができました。まさか自分が40歳になるとはね。

帰宅したら可愛いお手紙が置いてありました。


f:id:zaikichi:20190315230646j:image

俳優として頑張っていた30歳から、会社員兼母として頑張っている40歳へ。

最近思うのは、人は職業や肩書きではなく、人間力だなってこと。当たり前ですか?でも私はたぶんこだわっていたんだよね、「俳優」とか「会社員」ってことに。

でも実際には、私は常に「もっと良くなろう、もっと知ろう、もっともっと」と動き続けてる。それはどこへ居ても同じだな。と、気づいたんです。

何をしていても、少しずつ、自分という木の幹が太くなっていけばいい。それでいい。

 

...またありきたりなこと言っちゃった。

人は一周回ってありきたりに返っていく。

お祝いしてくれたみなさん、ありがとうございます。これからも自分を軸に生きていきます。

 

 

近況。くらしを整える。自分の能天気。

もうすぐ1か月経とうとしていますが、はい、引っ越ししました。

さらば団地。こんにちはマンション。(どちらも築古)

駅から遠くなったことで自転車通勤に切り替え、通勤電車のストレスから解放されたと同時に雨や嵐のストレスに耐えております。雨ってこんなに多いっけ?

引っ越す前から色々想像して考えていたけれど、いざ住んでみるとアレコレ違うことがあって、でも暮らしながら暮らしを整えていく日々は、悪くないもんです。地に足ついた、身の丈にあった、心地よい暮らし。生活。そのために、地を固める。そんな日々を送っています。具体的に言うと、ネットショッピングばかりしています。

●●

たまたまツイッターを見たら、遠くにいるはずの人生の先輩が近くに来ているようだったので声をかけ(実際はそれほど近くじゃなかったごめんなさい)、少しだけど再会できました。ツイッターすごい。

変な顔している少年Zと、仙台在住・セネガルから帰国したみかささん。誕生日が同じです。光栄です。

これからの人生について問われ、しばらくは会社で働いていく、ということしか言えない自分。でも大丈夫、いくつになっても、やりたいことはできるはず。と思わせてくれる。

●●

直近の週末は群馬で介護施設を経営している叔母の家へ。

味噌づくりといちご大福作りを体験させてもらう、というイベントのはずが、赤飯と豚汁と焼き芋も作ってた。すごい。

 

あったかい日でよかった。味噌は8か月くらいで出来上がるらしい。楽しみ。

●●

今日は3月11日。

みかささんと一緒にこの土地の歴史、みたいな展示を見ているときに、「このあたりも昔、津波があったんだね。知らなかった。」という彼女の言葉を、フツウに、なんのひっかかりもなく聞いてしまった自分の能天気さ愚かさに1分後くらいにやっと気づいてクラクラした。何が「人間は忘れる」だ。なんでもかんでも忘れてアホ面下げてのうのうと暮らしやがって。と、自分に唾を吐いた。

まだ痛みや苦しみの中で生きているすべての人におだやかな休息が訪れますように。祈。

はじめてのげきごっこ


f:id:zaikichi:20190205191826j:image

息子Z4歳が、保護者たちの前で劇をみせてくれました。

小道具も自分たちで作り、

設定や台詞も自分たちでアレンジしたそうです。

朝はドキドキすると言っていましたが、本番は楽しんでやっていたようです。

りっぱになったなぁ。

 

 

げきは、楽しかったんだね。

お母さんはねぇ、

げきをやるのが

大好きだったんだよなぁ。

でぃーあいわい、だん

寒風吹きすさぶ先週末、新居の塗装をしてきました。

DIYです。

こんななりで。

例えば白いドアを、

 

緑に塗ったり。白いドアを白く塗ったり。4歳児が見に来てペンキが服についたり。

暖房がないのでとにかく寒いですな。洗う時とかお湯も出ないし泣きそうでした。

 

あ、そういうわけで、人生で初めて住宅(中古マンション)を購入しました。昨年から売買契約、ローン契約、リフォーム契約…、もう何度署名をしてハンコを押したことか。ローン契約に行ったら、銀行側で準備しておいてくれた口座が手違いで福岡店だったのも(その時は絶望したけど)いい思い出ですな。

来月は引っ越しです。

3月には生誕40周年です。

つっても、特に何もなく過ぎる予定です。近況でした。

やりたいことをやった日。

先月書いたブログ「やりたいことが分からない私」を経て、「いま自分が求めてること」を、自分なりに突き詰めて場をセッティングしてもらった。

だいぶ良かった。固まっていたものが、ほろほろした。

感じていること(良いことも悪いことも)を言葉にしていると、だんだんクリアになっていくなぁ。感情も思索も。

演劇やってたときもそうなんだけど、「なんかこうしたい」って言うと「じゃあやろう」って言ってくれる人がいるっていう、私は果報者だと思った。

感謝感謝感謝。


f:id:zaikichi:20190103212812j:image

洗濯物を隠すポーズの友人その1。