ヒザイミズキの、日々の旅 ブログ編

俳優、ヒザイミズキの思いつきと思いなおしなど。あと告知と親バカ。(はてなダイアリーから引っ越しました)

「なんとか、やっております。」

昨日はいい知らせがあった。
それだけで、職場で明るい声で話せたり、笑えたり、体力が戻ったりして、
そんな当たり前のことがなかなかできない日々だったんだなと、気づいたり。

結局、人の心を動かすのは、愛情でも共感でも理屈やデータでもなく「死への恐怖」に他ならなかった。
知ってたけど。
それってちょっと悲しいっていうか悔しいっていうか、
そんな風に思って、あの手この手でいろいろやってたんだけど。
でもきっと、あの手やこの手も、じわじわと効いてて、いろんな要素の積み重ね、だったのかもね。だから、まあ、いいよ。

自分にとっても家族にとっても、
えらくしんどく、えらくいろんなことを考える機会になっている。
人間のわかりあえなさとか、人間の意志とか、人間の弱さとか、人間の権利とか。尊厳とか。
大げさだけれどそんなことを真剣に考えた。考えてる。
まあ、まだ何も終わっていない、むしろ始まっていないのだけれど。


あの、
ご心配をおかけしている方もいらっしゃるようですが、
わたし、演劇をやめよう、とか思っているわけではないですよ。とりあえず今は。
ちょっとお休みさせていただいただけで。
3月から、ぼちぼち、演劇の日々を再開します。
そんでもって、自分でも意外なほど早く、そして意外すぎる内容で、
お客様の前に立つことになりそうです。
苦手なことに挑戦する。やだけど。(笑)
情報公開まで少々お待ちください。


久しぶりの方からメール(だいたいは宣伝メール)がくると、
「お元気ですか?」「お変わりありませんか?」
と書いてありますが、なんだか即答しかねる質問なので、ぬぬぬぬと時間が過ぎてしまいます。すみません。

「身辺にいろいろありまして、
 すこぶる元気とは言いがたいですが、
 日によってではありますが、なんとか元気にやっております。」

ここで、お返事に代えて。