ヒザイミズキの、日々の旅 ブログ編

俳優、ヒザイミズキの思いつきと思いなおしなど。あと告知と親バカ。(はてなダイアリーから引っ越しました)

時間堂「森の別の場所」誕生しました。

昨日、ついに初日あけました。
おぎゃーー。生誕。
オープニングレセプションでもお客さまからたくさん感想もらえて、
幸せな誕生会だったと思いました。

写真はチーム「テヘランでロリータを読む」のみなさま。

ここから11日(月)まで、休演日無しのノンストップ興業です。
自転車操業でもあります。
まさに体力勝負。

ついったー上にいただいた感想、抜粋します。

時間堂「森の別の場所」初日観劇。
リリアン・ヘルマンを新訳して三時間上演って、小劇場劇団さんではなかなかできないと思う。それを真正面から攻める姿勢に好感度大。志し高き劇団。こういう戯曲に若い人が取り組むことを応援したいです。で、ロングランサポート。11日まで。是非(シアター風姿花伝支配人 那須さま)

時間堂『森の別の場所』観劇終了。翻訳が堅苦しくなく判りやすいので身構える必要なく素直に楽しめた。休憩挟んでもあっという間の3時間タイムスリップさせてもらいました。11日までシアター風姿花伝にて。

3時間という上演時間ですが、全く苦にならないです。それだけ面白いのが凄いが、まだまだ伸び代というか進化の余地が残ってる感があるのが恐ろしい。
そして時間堂はやはり女達が強い!阿波屋、長瀬 両名は登場でちゃんとアクセントになって締めてるし、直江は新境地を開拓しつつあり新たな魅力を見せている。新しいことをがむしゃらにやろうとするあの姿勢は素晴らしい。そしてヒザイさんは…圧巻だった。

本日11月2日は18時から!19時じゃないよ。間違えないでね。
哀しいことに、まだまだお席は山ほど、いや森ほど、ございます。
観たらいいと思う。終演後、トークに出るよ。

★ご予約は→http://t.co/aUGfhpTbjI (ヒザイ扱い)