ヒザイミズキの、日々の旅 ブログ編

俳優、ヒザイミズキの思いつきと思いなおしなど。あと告知と親バカ。(はてなダイアリーから引っ越しました)

3時間演劇って

晴れて気持ちいい本日、時間堂「森の別の場所」の最終稽古です
ここしばらく、1日4食がっつり+間食+酒+つまみ、みたいな暴飲暴食生活を続けています
んで怖くて避けていた体重計に今朝乗ったんだけど、むしろちょっと減ってた

これが、3時間演劇……!

ちがうか。

でも3時間3時間ってさ、二の足踏んでるひともいると思うけど、
公開稽古で通しを観たお客さま、みんな口々に「長く感じなかった」って言ってたよ?
だから、大丈夫だと思う 大丈夫ってなんなんだかだけど
劇場には美術もカッコイイ照明も入るしね

★予約して欲しいのです、コチラに。↓★
http://www.quartet-online.net/ticket/moribetsu2013?m=0achdhd (ヒザイ扱い)

3時間演劇を稽古して日々削られている我々、
でも公演期間中(とくに前半)はイベントも盛りだくさんです
11月1日(金)はお客様と関係者で劇場で乾杯します。乾杯ドリンクはお振る舞いです。
他にも、、、↓

●11月4日(月・祝)は時間堂文化祭!

11月3日は「文化の日」。
というわけで、『森の別の場所』公演中の11月4日(月・祝)に、【時間堂文化祭】を開催いたします。
時間堂劇団員、モリベツ出演者が総力をあげてお客様と遊ぶ
「大人の文化祭」をお楽しみください。

▲日時
11月4日(月・祝)
16:20 開場
16:30 開会式
19:30 終わりの会

▲会場 シアター風姿花伝「森の別の場所」公演終演後

▲入場無料、途中入退場自由
当日ご観劇の方に限らず、どなたでもご参加いただけます。

▲アルコール、ソフトドリンク、手作り料理をご用意(有料)

▲出し物 速報!
【演劇部】 『子狐たち』 抜粋リーディング
作:リリアン・ヘルマン 演出:黒澤世莉
出演:時間堂劇団員ほか

『森の別の場所』から20年後の後日譚を描いたリリアン・ヘルマンの代表作の1つ。
世代を超えて続いていく人間の業の物語の一部を、
「森別」本公演と同キャストでリーディング上演します。
あの人物やあの人物の行く末は…。
先に観ても後に観ても、「モリベツ」がもっと楽しめること請け合いです。

【ほか、以下の出し物・部活があるとか無いとか!】
ミス?森別コンテスト
クイズ研究会
美術部
弁論部
ネイチャー部
水泳部
鉄道研究会
たほいや研究会
and more…?!

次回情報公開をお待ちください!

●ポストパフォーマンストーク(PPT)ゲスト決定!
本公演終演後のPPTでは、黒澤世莉とゲストの方でお話しします。楽しいトークになると思いますので、ぜひ足をお運びください。公演のチケットか半券を持っていらっしゃる方は、無料でご参加いただけます。
PPTとは、演劇作品をつくる側と観る側をつなげる気軽なお話会のことです。
終演後、作品についてやその日のテーマに沿ったお話、お客さまからの質問など交え、20分間程度を予定しております。参加費は無料となっておりますのでぜひご来場下さい。

2日(土)18:00
森の別の場所 出演者

3日(日)13:00
広川治(大学講師、英米演劇研究者、翻訳家)

リリアン・ヘルマンについて、翻訳についてお話いただきます。

●プロフィール
広川 治
駒澤・法政・早稲田・恵泉女学園大学等講師(「演劇演習」「映像文化」等担当)
英米演劇のテキストを実際の上演や映画化作品と比較し、広く研究。
授業では、英語による作品の朗読や映画の演技に学ぶ英語表現の指導も行っている。
主要著書・論文:『イギリス文学案内』(荒井良雄ほか共著)、「言葉・俳優・観客
〜新グローブ座の演劇空間」
翻訳:テレンス・ラティガン『ハレクイネイド』(テアトル・エコー、2013年11月26日〜12月8日上演予定)

6日(水)13:00
原西忠佑(俳優)、平佐喜子(俳優)

今年4月、大阪で行われた「おやつの時間堂」にて「森の別の場所」を上演したお二人に作品についてお話いただきます。

9日(土)13:00
西山水木(女優、演出家)

リリアン・ヘルマンという女性、そして劇作家について、リリアン・ヘルマン作品についてお話いただきます。

●プロフィール
西山水木
大学卒業後、1978年に劇団青年座に入団。退団後、1984年にE.Dメタリックシアターを創立(〜1992)。1992年プロデュースユニット「あ・ち・ちパーティ」を主宰し、作・演出・振付け・出演を務める。その後も前衛劇から古典とのコラボレーションまで、様々な演劇シーンで活躍。 1999年に明樹由佳とともにLa Compagnie An(ラ カンパニー アン)を結成。海外でも数多くの公演を果たし、高い評価を得る。以後国内でも数々の作品を上演し、音楽・マイム・ダンス・DJを融合させた独自の演劇スタイルを確立している。

※全て敬称略

わたくしヒザイも、全てのイベントに参加します。トークも複数回で登壇予定です。
お待ちしております!