ヒザイミズキの、日々の旅 ブログ編

俳優、ヒザイミズキの思いつきと思いなおしなど。あと告知と親バカ。(はてなダイアリーから引っ越しました)

求む、挑戦者。

突然ですが。
ただ今絶賛ご応募受付中の時間堂・来年1月公演のキャスト&劇団員オーディション、来週6/18〆切です。

わたしヒザイミズキが言いたいことを言うと。
まず、次回作(台本:オノマリコ、演出:黒澤世莉)は、作品としてスゲー面白いに違いないと思うですよ。リコさんの世界のスケール感と言葉の瑞々しさ、世莉さんの俳優のポテンシャルをずいずい引き出して、みんなのエネルギーを燃料にエイヤっと料理する演出は、相性バツグンです。
ぶっちゃけ、ウチの劇団の規模を考えても、今回がチャンスだと思う。(応募も早い方がよりいいですよ。希望が通りやすいですよ。)

あと。
わたしが、個人的に「こんなひとに来てほしいなあ」と思う俳優は、「自立している人」
できないことを人のせい・環境のせいにしない。誰かに答えを教えてもらえると思わない。自立しているかどうかに、年齢、経験は関係ない。本当に関係ないと思うのよ。
そもそも、「経験が浅い」は「短所」じゃないんじゃないかな。浅いから何?何ができないの?自分の能力の、何が足りないの?どうなりたくて、今はどうなの?っていう、そこまで見直してみたらどうでしょうか。

どきどきするような、ゾクゾクするような、メラメラするような、出会いを心から、切望しています。わたしは。
お待ちしています。


そうそう、「ローザ」東京公演のお客様からいただいたアンケート、
すべて時間堂ブログに掲載しています。良いも悪いもひっくるめて、その日その場にその瞬間、起こったドラマ。ぜひ、読んでみてください。


「ローザ」全国ツアーに先駆けて、
俳優指導のスペシャリスト・黒澤世莉が全国行脚する他地域ワークショップも、絶賛ご応募受付中です。ローザのチケットが実質1000円/枚で買えちゃう特典も、ワークショップ参加者だけだよ。東京以外の地域ではなかなか無い機会です。こちらもぜひに。

ちょっとゴリゴリしちゃったかな。
そーリー。せんきゅー。