ヒザイミズキの、日々の旅 ブログ編

俳優、ヒザイミズキの思いつきと思いなおしなど。あと告知と親バカ。(はてなダイアリーから引っ越しました)

そういう覚悟で

本番まであと3日。
今日は最後の通し稽古だった。
胸がいっぱいである。
昨日の夜帰ったら井上ひさしの追悼番組をやっていた。
心がぶるぶると震えた。
表現というものは、表現しなければならない人が、
表現しなければならないものを、表現するべきなのだ。

もしそうでないならやらないほうがいいのだ。
自分はそうやって表現しているか?
少なくとも、その覚悟はある。
覚悟だけで、立ち向かう。
覚悟だけでは、続けてはいけないかもしれない。


舞台はいづれ終わって跡形も無くなる。
孝行したいときに親がいないのと一緒で、
観たかったのに、と言う時にはもう二度とその舞台を見ることは出来ない。
来週の今頃はもう、最後のステージが終わって勢いよくバラして跡形も無い。
一握りの人たちの、心の中に残るだけ。
心の中に、残ることを、ただそれだけを望んでいる。


そういう覚悟で挑んでいる。

もう一度言うけど。
もう二度とやらないからね。というか、できないからね。
貴重な2時間、だけど長い人生の中ではほんの2時間じゃんか。
今週末、足を運んで、私たちの話を聞いてはもらえないかね。


そういう覚悟で挑んでいるのです。
親愛なる皆様へ。