ヒザイミズキの、日々の旅 ブログ編

俳優、ヒザイミズキの思いつきと思いなおしなど。あと告知と親バカ。(はてなダイアリーから引っ越しました)

追記。

岸田さんは、歌がすごくうまいわけではなくて、でも声がとてもよくて、あーからだがひとつの楽器になってる感じがするだろうなあ!と思った。
声はそのひとをあらわす、とは良くいったもんで。

会場がもりあがるのはやっぱり、「ロックンロール」「ばらの花」「ワンダーフォーゲル」「東京」といった往年の名曲で、モチロンわたしも盛り上がるのだが、(見た目にはわかりにくいけど盛り上がっている)、感動的だったのは「ブレーメン」かな。
「ヘイ!マイマイ」で踊っていた、サスペンダーズの方々がとても素敵だった。