ヒザイミズキの、日々の旅 ブログ編

俳優、ヒザイミズキの思いつきと思いなおしなど。あと告知と親バカ。(はてなダイアリーから引っ越しました)

KAKUTA@青山円形劇場

今日も芝居 今月は5本くらい行く予定 やるなー俺にしては
KAKUTAなので散歩道楽つながりで劇場に知り合いが居る可能性があるなあと思っていたら、これが予想以上にいた

1.「カトレア」共演者:3名
2.同スタッフ&手伝ってくれた方:3名(内1名は主宰の太田氏)
3.大学演劇サークルの後輩(今はどこかの劇団員らしいがめったに会わないのでよく知らない)
計7名 世界は狭く矮小だ
全員に「よ」くらいのあいさつだけして尻切れトンボに去る

で、初の円形劇場 いいなあ、円形! なにしろいい 丸いし、広い
今日は完全な円形ではなくコの字型の客席にしていたのだが、完全に円形がいいなあ個人的には
内容は宣伝通りの「青春群像劇」だった 一点の曇り無し!青春密度120%!
私がビッときたシーンは一つだけだった でも一つあればいいかな


数年ぶりに観たカクタだったのだが、その数年のうちに私の趣向が徐々に変わっているようだった
今は「芝居っぽい芝居」にアレルギーがあるようで、観ているときに限らず自分が出てる芝居の他のシーンとかでも気分が沈む もちろんやらされるのはもっと嫌 だからといって「自然な」だけの芝居が面白いわけではないし、幅を狭めているのか、とも思う

※ここでいう「芝居っぽい芝居」がどういうのか、っていうのは大変めんどくさい話なので割愛します 日記だもんねえ