ヒザイミズキの、日々の旅 ブログ編

俳優、ヒザイミズキの思いつきと思いなおしなど。あと告知と親バカ。(はてなダイアリーから引っ越しました)

さいたまへ その2

二日連続さいたま企画 二日目

今日はいったいなんだったんだろう?そんな不思議な日
きっかけは昨日、大学時代の先輩(一緒にお芝居していた人)から切羽詰ったメールが来た 彼は今、某大手製薬会社で営業をしているのだが、その製薬会社主催の講演会(@大宮ソニックシティビル)に来てくれないかという 無料で立食つき、講演の最後の方にさりげなく滑り込み主にその後の立食に参加、受付では病院関係者を装い適当な名前を名乗ってあとは話を聞いてるフリしていればいいらしい 演目は「炎症性消化管疾患なんたら」みたいな 事情はよくわからないがなんだか人集めにとても困ってるようなので行くことにした
イメージ的にスーツの人たちがたくさんいそうなので「普段着でいって浮いちゃいませんか?」って何度も聞いてみたが大丈夫とのこと 先輩が良いと言うのだから
どうせ大宮くんだりまで行くのだから、散策しない手は無い 大宮駅は今駅ナカが話題沸騰(か?)だし というわけで早めに行って大宮散策 東大宮在住の友人に聞いたカフェでここ最近のカフェ欲を満たす 味も雰囲気も値段も大満足だったけど、唯一、セットのドリンクを忘れられ(もしくは間違えて他の客に出してしまったようで)かなり待たされ結局集合時間に遅れる羽目に
大宮駅で待ち合わせたどう逆立ちしても病院関係者ではない4人で会場へ ソニックシティ1Fでは小林幸子リサイタル エレベーターで会議室へ このへんまでは4人とも冗談めかして気軽な気分だった 降りたら目の前受付で病院名(前もって言われていた病院名・実在するらしい いいのか?)と偽名を記入 偽名は今稽古中の芝居(カトレア)での役名にしてみた
スーツで出迎え遅れた僕らに「お疲れ様です」といいながら会場のドアを開けて誘導してくれる先輩 思わず笑ってしまう 中に入ると・・・この雰囲気は・・・まさに「学会」!!学者の先生が超専門的なことを怒涛の勢いで喋り、聞いてる人たちもほぼ学者・医者・関係者(もちろん皆スーツ) 講演の終わり30分くらいのタイミングで、普段着(Gパンやらナイロンのジャンパーやら)でぞろぞろと入ってきて最前列(しか空いてなかった)にすわるいかにもサクラな僕ら バリ浮き 傍にいた気難しそうなおじさんに何度も睨まれる
しかし!私はこう見えても筑波大学生物学類卒!卒業研究生時代は「菌学会」とかの手伝い経験もある なんとか概要だけでも理解してふんふんとそれっぽく聞いてみようと思ったものの、内容が超専門的 さっぱり何いってんのかわからん ネイティブの英語聞いてるくらいの、ところどころ単語を拾って独自の解釈を試みる
あとで先輩に聞いたところ、やはり今回は内容が難しすぎて人が集まらなかったらしい 無理ないよ・・
立食の名目は「意見交換会」 話しかけられたらどうしようとドキドキしながら先輩に接待され会食

なんだったんだ 貴重な体験で楽しかったけど やっぱジャケットくらい着ていったほうがドキドキが減ってよかったな きっと

その後、先輩が予約していたベトナム料理屋で飲み サクラのうち一人が今日ちょうど誕生日で、店の人に「誕生日なんですけど、なんかサービスありませんかね?」と(自分で)聞いてみたところ、デザートをサービスするとのこと 言ってみるもんですねえ
そしてそして、出てきたのがこちら!

横は大きさ比較のための携帯(4年もの) これに花火が2本刺さってました 5人でも、食べるの結構きつかったです 私もあさって誕生日なので、便乗して祝ってもらいました

二日続けて京浜東北線埼京線にゆられ、大宮は大都市だということを知った
あとクローン病という病気について、少し、知った のか?

大変長くなった すいません 誰に言ってるんだろう