ヒザイミズキの、日々の旅 ブログ編

俳優、ヒザイミズキの思いつきと思いなおしなど。あと告知と親バカ。(はてなダイアリーから引っ越しました)

珍しいキノコ舞踊団『家まで歩いてく』@彩の国さいたま芸術劇場小ホール

を、観てまいりました 与野本町、すごい久しぶり 蜷●カンパニー時代、稽古場見学にこいってんで当時千葉県市川市から通いました 心底嫌でした 普通に客でくるのは初めてです キノコも初観劇 (写真は彩の国のロビーみたいなとこ 写真が浮いてる)
面白かったです 「舞踊パフォーマンス」にも、「女の子だけの集団」にも、ちょっと抵抗があって、それはなんだか間口の狭さとかがあって、退いちゃうんですよね 珍しいキノコは大変間口がひろい、風通しのいい「女の子パフォーマンス」でした きれいだし可愛いってのが前面に出てはいるんだけど、一方で馬鹿馬鹿しさとか他愛も無さが同じくらいの比重であって、いいバランスなのかもしれない


今日のお供はフジファブリック「アラモルト
やぶれかぶれな歌い方と「なんでそんなこと歌にしたんだ感」が否めない歌詞が素敵ですね

アラモルト

アラモルト