ヒザイミズキの、日々の旅 ブログ編

俳優、ヒザイミズキの思いつきと思いなおしなど。あと告知と親バカ。(はてなダイアリーから引っ越しました)

師も走れば棒にあたる

年末深まってまいりました
ご無沙汰しております いかがお過ごしですか?
楽しいクリスマスでしたか?
ざいきちは日記も書けないくらい忙しく、クリスマスにはデパ地下で鳥とケーキを買って食ったりラピュタを見たり、土曜日には近所の友人O君宅で忘年飲み会(いつもの面子4人・やることもいつもと同じ)したり暮らしていますが、今しなかったらいつするの!という最たるもの、大掃除になかなか取り掛かれません 微妙に片付いたレヴェル そういえば去年もこんな感じだったっけ
■■■
しかしながら遊んでばかりいるわけではありません
明日は今年最後の稽古です 年が明けたら1月末の本番まで走り抜けなければなりません 助走はもう終わりにしなきゃなりません にっちもさっちもいってない所は手がかりだけでも掴んでおかなくてはなりません
そんな今日、稽古でちょっと煮詰まってしまいました 何が嫌なんだろう私 と考えたとき、『私の役なのに、演出を初めとする他の人たちの思い描く「その役」の人物像が「私ではない」と感じるのが耐えられない』んだな
この発言実に微妙で、役者が役作りというものをどうとらえているか、人によって違うわけですが、私にとってはそうなんです 自分と全然違う特定のキャラクターを思い描くことによって作っていく、というやり方は嫌なんです 私がやるんだから私をベースにして作らなきゃ意味無いし「私じゃなくてもいいじゃん!」って思っちゃうから
でもこれは今だけで、私が私のやりかたで成立させれば、いいものにすれば、解決することだと思う だからやるべきことはわかってる 乞うご期待、です
■■■
忘年飲み会で、O君は、さくらももこの漫画から「忘年会では、この一年で一番良かったこと・悪かったこと・普通のことを話しましょう」というネタを紹介してさらに実践しようとしていましたが、周囲の反応はいまいちでした 年末年始や誕生日になると初めて一年を振り返ったり改めて目標を設定したりしますが、急にいわれても出てこないもんですよね
まだ、振り返って総括するほど良い距離を置けてないように感じました 今年あった出来事たちに対して
■■■
明日から実家に帰る友人にマイCDウォークマン「メロンちゃん(黄緑色だから)」を貸し出すため、音楽をお供に歩けない日々になります 最後のお供は『ピース&ラウド』(真心ブラザーズ ライヴ盤)PEACE AND LOUD?MB′s Live Recordings Collection?
えびばで・しんぎん・らヴそんぐ!
■■■
今日は稽古で見れない「M1グランプリ」の録画を実家の母にお願いしてみました(うちにはビデオはないのです) 母はビデオ録画ちゃんと出来た試しがないので、年末に帰ったときM1が見られるかどうか 別に駄目なら駄目でいいからね!