ヒザイミズキの、日々の旅 ブログ編

俳優、ヒザイミズキの思いつきと思いなおしなど。あと告知と親バカ。(はてなダイアリーから引っ越しました)

稽古場の人々

とりもなおさず、にくすけです
今日のにくすけは、太もも後ろから尻にかけてです 階段を上るのがひどく困難でした でもしれっとした顔で過ごします 後にはひけません 少しだけどヒールのある靴を履いてきたことを一日中後悔

やっと(っていうほどでもないが)役が決まりました 心置きなく髪を切れそうです 時間がなかなか無いけど

とりあえず、芝居のことでなおかつネタバレにならないものを書きたい、ということで、稽古場の素敵な人たちを紹介してみようかと思います 私はシリーズ化すると1回目で満足してしまい後は書く気がしない、ということが多いので、一人しか紹介できないかもしれません

①座長のHさん(♂) 役者
まず元気 愛想がいい 筋トレするときうれしそう 何人かで適当に舞台に立つとき必ずセンターに立つ 負けん気が強い 演技してるときも楽しそう
…といった具合のやんちゃ坊主系座長 見た目もややガタイのいいやんちゃ坊主のため、同い年かやや上、だと思ってたらびっくりした
ここの劇団は、全員歳聞いてびっくりする こんなに元気なのか?30台後半から40にかけてのおじさんおばさん(失礼)たちは!の、最たるもの
と思いきや、帰宅方向が同じなので一緒に帰ると電車ですぐ座る
ざいきち「元気キャラだと思ってました」
Hさん「え・・稽古場ではね・・あれは続かないよ・・」
すっかり30台後半の哀愁を漂わせていました 当然ですよね ずっと元気だったらうるさいですしね


ところで稽古場が目白のときマックにいったんですが、目白のマック意味がわかりません 変におしゃれした内装とか店員たちの制服(特に帽子)とか そんなカッコで「サラダラストワンでーす」とか言われても でしょ?
ではまた次回!